任意売却をお考えの方へ【福岡版】

実績と評判で選ぶ 福岡の任意売却専門業者ガイド

HOME » 任意売却の基礎知識はこちら » 任意売却でよくあるトラブル

任意売却でよくあるトラブル

任意売却を成功させるためには、他の人がどういったことでトラブルになっているのか理解しておくのがおすすめです。同じようなトラブルに陥らないように対策を取っておけばトラブル回避に繋がるでしょう。

任意売却のトラブル例

債務が残ってしまった

不動産会社に相談したところ、「売却代金で完済できますよ!」と言われたものの、実際に任意売却を行ってみたら全く金額に手が届かなかった…というケースは少なくありません。ひとつの不動産会社の言うことばかりを信じてしまうのではなく、複数の業者に対して見積もりを依頼してみたり、どのような根拠があってその金額を提示してくれているのか確認してみましょう。

不要な費用を請求された

選択した不動産会社が悪質だった場合、仲介手数料以外の費用を要求されることがあるようです。例えば、任意売却のための申請費やコンサルティング料といったものですね。 本来、不動産取引を行う際には仲介手数料しか取ることが認められていません。しかし、焦っている売主をだまして不当な利益を受け取ろうとする業者もあるので十分に注意しておきましょう。任意整理をする場合は何かと行き詰まっていることが多いため、初めから信頼できる業者探しをすることが大切です。

引越し費用を支払ってもらえない

不動産会社から「債権者に引越し費用を支払ってもらえるように交渉するので安心です」と言われ、これを鵜呑みにしてその会社と契約をしたものの、結果的に引越し費用を1円も支払ってもらえなかった…という方もいます。 確かに債権者によっては引越し費用を支払ってくれるところもありますが、これは100%ではありません。それなのに高額な引越し費用を約束しているような不動産会社は避けておきましょう。

不動産の買い手が見つからない

任意売却を成立させるためには売却に出している物件を購入してくれる人を見つけなければなりません。特に競売の準備が進みつつある中で任意売却を始めた場合、買主が見つかるのが遅くなると競売に進んでしまうケースもあります。 こちらのケースでも不動産会社から「すぐに買い手が見つかりますよ!」と言われて慌てて不動産会社の比較もせずに契約したところ、なかなか売れないという結果に繋がってしまった方もいるようです。

任意売却に慣れていなかった

依頼した不動産会社が任意売却に慣れていなかったためにスムーズに取引を進められず、結果的に競売にかけられてしまった例もあります。任意売却は不動産取引の中でも少し特殊なので、本当に任意売却の経験があるのかを確認したうえで業者選びをしましょう。 任意売却に慣れていて信頼できる不動産会社を選ぶのは最低限の条件でもあります。今回ご紹介したトラブルに悩まされている方は少なくないので、こういったポイントにはよく注意してみてくださいね。

任意売却をお考えの方へ【福岡版】