任意売却をお考えの方へ【福岡版】

実績と評判で選ぶ 福岡の任意売却専門業者ガイド

HOME » 任意売却の基礎知識はこちら » 任意売却の注意点まとめ

任意売却の注意点まとめ

任意売却をする際に注意しておかなければならないことについてまとめました。これから任意売却を検討している方は必ず事前に確認しておきましょう。

100%成功するわけではない

任意売却をする際には債権者や保証人から同意を得なければなりません。これがうまくいかず、同意を受けられなかった場合はそもそも任意売却ができないのです。

また、購入希望者が現れて売却に関する話が進んでいたとしても価格に折り合いが付けられないケースもあります。このような場合にも売却には至らないでしょう。 結果として任意売却が失敗する形になってしまうのです。

任意売却業者選びに失敗することがある

経験の浅い任意売却業者に依頼をすると段取りがうまくいかず、期間内で任意売却が完了しない可能性があります。この場合は競売にかけられてしまう可能性もあるのでできるだけ処理能力が高くて評判の良い会社を選ぶ必要があるでしょう。

内覧に立ち会いが必要

一般的な売却と同じく、購入希望者が現れた場合は内覧を受け入れることになります。必ずしも立ち会いが必要ないこともありますが、家の良さなどをアピールする機会でもあるので、極力立ち会ったほうが良い結果が得られる可能性も高いです。

任意売却といえば、銀行のために行う取引でもあるので物件が売却できたからといっても懐にお金は入りません。そのため売却に非協力的になってしまう人も多いのですが、それだと買い手がなかなか見つからないため、できるだけ内覧に対しても積極的に協力を行いましょう。

信用情報にキズがつくことがある

この点を最も恐れている方が多いようです。ですが、そもそも返済が遅れた時点でブラックリストに載っているので、任意売却を行った段階で載るわけではありません。 しかし、結果的に任意売却をするような状況になっていればすでにブラックリスト扱いになるわけなので、その後はクレジットカードが作れない、ローンが組めないなどのデメリットがついて回ることになります。 このように任意売却をする際には様々な注意点が必要です。重要になってくるのは、すべて人任せにしてしまうのではなく、自分自身でもデメリットや注意点について理解した上で任意売却を行うということ。その方が成功率が高くなります。

もちろん、どの業者に任意売却をお願いするのか検討することも非常に重要です。専門業者選びがうまくいけば任意売却も成功しやすくなります。任意売却を検討している時期は精神的にも追いやられているかもしれませんが、それでも業者選びは慎重に行いましょう。

任意売却をお考えの方へ【福岡版】