任意売却をお考えの方へ【福岡版】

実績と評判で選ぶ 福岡の任意売却専門業者ガイド

HOME » 任意売却の基礎知識はこちら » 任意売却の流れ

任意売却の流れ

競売入札開始前まで可能な任意売却。その手順や流れについて紹介します。

住宅ローン支払が滞った時の任意売却の流れ

住宅ローンの支払が滞って任意売却をするケースで、専門業者に依頼をするなら以下のような流れになります。

1、任意売却専門業者に相談

相談にあたっては信頼できる業者を見つける必要があります。
よりスピーディかつ的確な指示を仰ぐためにも、物件やローンに関する資料や詳細情報を整理しておきましょう。ネットやメール、電話での問い合わせとすると、個別面談訪問面談などを受けることになります。

2、物件の査定と任意売却の立案

業者は物件を査定して、近隣相場取引事例などに基づいて任意売却の方法やスケジュールを立案してくれます。

3、専門業者と専任媒介契約を締結

立案内容に問題がなければ任意売却の業者と専任媒介契約を締結します。

4、債権者との交渉

業者は債務者の代理人として債権者たちの同意を得るべく、任意売却の内容を交渉します。

5、売却活動

債権者の同意を得られれば売却活動のスタートです。不動産取引のデータベースに登録したり、新聞の折り込み広告やインターネット広告などを利用して、購入希望者を募集します。
これは一般的な不動産売却と変わりません。

6、購入希望者との売買契約を締結

購入希望者が見つかり条件が合えば任意売却の売買契約を締結します。この契約を結んだら引越準備を始めますが、手付金を受け取ってそれを引越費用などに使うこともできます。

7、引越と代金の決済

売買契約を結んだら1ヵ月~1ヵ月半程度で売却代金を受け取ります。
同時に債務の返済や引越、所有権移転といった手続きなどを行って、任意売却の完了です。

任意売却で注意しておくべきタイムリミット

住宅ローン支払が滞った時の任意売却の流れ

仮に競売にかけられることが決まっていても、本来競売入札開始前までなら任意売却に切り替えることも可能です。

ただし、任意売却中であっても債権者側から取り下げ命令が出されるケースが稀にあるので、そのタイムリミットについて3つのケースを紹介しておきます。

  • 競売までの期間が短い場合
    債権者からの競売申立から入札までの期間が3~4ヵ月と短期間のケース。
    こうした場合は購入希望者の目処が立っていないと任意売却が難しくなります。
  • 販売価格が高額な場合
    債権者の立場では少しでも多くの金を回収したいもの。
    そこで任意売却の価格を相場よりも高めに設定すると買い手がつかずに期限切れとなり、競売にかけられてしまいます。
  • 任意売却の依頼者である債務者と連絡がとれない場合
    任意売却中に購入希望者が現れて物件を見たいとなった時、債務者である売却の依頼者との連絡がとれないと販売活動ができないと判断されてしまいます。
任意売却をお考えの方へ【福岡版】